静岡県

【沼津カフェ】流水も楽しめるレトロな喫茶店「どんぐり」

注文した商品がおけにのって席まで流れてくる風情ある喫茶店「どんぐり」。
いろいろなに言ってるかわからないですよね?笑

沼津駅から歩いていける、観光客にもオススメな珍しい喫茶店です。

沼津駅周辺の喫茶店「どんぐり」

沼津駅から徒歩5分。
沼津仲見世商店街にある喫茶店「どんぐり」。
表のディスプレイには、レトロな喫茶店を思わせつつ、SNSに投稿したい若者世代も思わず足を止めてしまう美味しそうなサンプルが並んでいます。

昭和を感じる懐かしい雰囲気の店内

どんぐりの店内には、レコードジャケットやカラーレコードをはじめとした、懐かしいアイテムが飾られています。

ジャケットやディスプレイと一緒に、トータルテンボス大村さんの写真があるのがツボでした。

ジュークボックスが使用可能

店内にあるジュークボックスは今でも現役。

値段も2曲100円とリーズナブルです。

店内混雑時の選曲はプレッシャーを感じそうですが、記念にいかがですか。

飲み物や食べ物が流れてやってくる

どんぐりの魅力はなんといってもこれ。
注文したメニューが席まで流れてやってきます。

スマホ・カメラでの撮影必須です!

定番!飲み物・パフェ

雰囲気のある喫茶店に行くといつも頼みたくなるのはメロンソーダ。
というわけでフルールポンチを注文しました。
容器もかわいくて映えます。

次回は、帰り際にディスプレイを見て気になった「抹茶クリームあんみつ」を注文予定です。

食事メニューも豊富でリーズナブル

もう一品、お茶漬けもオーダー。
量もしっかりとしています。

どんぐりには、食事メニューもたくさんあります。
しかもリーズナブル!

今回注文したフルーツポンチは700円で、お茶漬けは520円でした。

どんぐりでの注文方法

席に座るとよくわかる注文方法を、これから行くよという人のために紹介します。
予習です!

1.券売機で食券を買う

どんぐりではまず入店後に食券を購入します。
文字で見ると案外イメージが浮かばないので、表のディスプレイを見て決めてから入店するのがオススメです。

2.ホルダーで食券をはさみ船で流す

席に用意されているホルダーに購入した食券をはさみます。

なにも入っていないタル舟が流れてきたら、食券をセットしたホルダーを入れて流します。

ちなみに、席の名前は東海道五十三次の関所となっています。

3.席のランプをチェック

注文した商品が届くころ、席のランプが光ります。

昭和創業のどんぐりは、回転寿司のハシリなのでは?

4.舟から料理とホルダーをとる

流れてきた食事・飲み物を慎重にとれば、注文は完了です。
ホルダーを取るのもお忘れなく!

食べ終わった食器はからのタル舟に入れて流してから退店しましょう。

沼津観光の休憩も楽しく!どんぐりがオススメ

どんぐりはただの喫茶店ではなく、もはや観光地です。
テレビなどで有名になって繁盛しても変わらないスタッフさんの優しさの残るどんぐり、オススメです!